FAXご注文用紙

FAX注文用紙トナー用

FAX注文用紙リボン

FAX注文用紙インク

カテゴリー

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日
エフピー通販 YAHOO店
海幸山幸本舗
 
トナー、ドラムカートリッジの種類について

  ■  リサイクルトナー           

使用済みカートリッジを回収し、分解・洗浄・部品の交換後、トナーを充填・検査という工程を経て
リサイクルしたカートリッジです。
当社のリサイクルトナーは、再生回数を設定し、徹底した印字テスト後に出荷をしております。
純正品・汎用品に比べ安価なため、経費削減に非常に役立ちます。

リサイクル品には以下の2種類があります。

【即納リサイクル】
当社のほとんどのトナーは即納リサイクル品です。
リサイクル済みの状態で在庫している商品で、
  原則在庫がありますので、当日〜3営業日に出荷可能な商品です。
  ※不良品の保証は当社がいたします。

【リターン】
お客様のご使用済みカートリッジをお預かりし、リサイクル後、出荷を
させて頂く商品です。
  よってお預かりからお届けまでに10日〜2週間程の期間を頂戴します。
  ※不良品の保証は当社がいたします。

  原則的に即納リサイクル(再生済み在庫品出荷)と記載していても
リターン(お客様カートリッジをお預かりし再生納品)でお願いする場合も
ございます。また、リターンとなっていても在庫がある場合は即納リサイクル
として出荷可能な場合もございます。
お客様のカートリッジで必ず再生をご希望の場合はその旨お知らせ下さい。

※ご注意ください※
当社では不要になりました空カートリッジの「回収サービス」も行っており
ますが、これは「リターン」とはまったく別のサービスです。
無料回収サービスのカートリッジは分解し、リサイクルトナーの部材資源として
使用いたしますので、お返しすることはできません。ご注意ください。
リターンご注文時には、「回収」とだけ言われますと混同する場合がありますの
で、「リターン」や「リサイクル再生」という表現をお使いください。
回収は当社にて無料回収手配をいたします

リターン希望の使用済みのカートリッジを事前に、再生ご注文のご連絡を頂かないで
お送りいただいたカートリッジは廃棄とみなしますので後日再生納品や空カートリッジを
お返しすることはできません。ご注意ください。

    ■  純正品 トナー          

プリンタメーカーが販売している純正の新品です。
※プリンタメーカーの保証が受けられる商品です。

   ■  海外純正 トナー          
 輸入純正品とも呼ばれる、海外で純正品として販売されている商品を
輸入したものです。
商品によってそのまま日本の機械でお使いいただけるものと、日本製の
プリンタで使用できるように加工されているものとがあります。
国内純正品と同じ印字品質で国内純正品より安いのが魅力です。
プリンタメーカーの保証はありません。
※不良品の保証対応は当社がいたします。

   ■  汎用品 ノーブランド トナー          

ノーブランド品とも言われる純正品と同品質のトナー・カートリッジのことです。
トナー・カートリッジを製造しているのは、技術や設備等を備えた数社の
プリンタメーカーで製造され、各社のブランドで市場に流通しています。
一方、A社で製造されたカートリッジはZ社やY社のブランドで販売されて
います。これがOEM品です。
OEM供給を受ける理由としては、各メーカーが競って開発費や設備費などを
投資するよりも、権利・生産体制を整備しているメーカーへ委ねた方が得策
と考えるためです。

プリンターメーカーがOEM供給する為に製造しているのでノーブランドに
してあります。ノーブランドだから低価格、しかも品質は純正品と同品質です。
ただ、メーカーのロゴがないので、プリンタメーカーの保証はありません。
不良品の保証は当社がいたします。

!! ご注意ください !!
「模倣品(クローン品)・互換品」と「ノーブランド品」との違いは・・
何らの権限がないにもかかわらず純正品を模倣した製品で新たに製造した製品です。
純正品または再生品(リサイクル品)として販売され純正品の知的財産権を侵害
している場合もあります。
中国・東南アジア等で純正品を真似て製造した「模造品」でこれを「汎用品」と
して販売しているわけです。当然純正メーカーが製造していない「模造品」です
ので信頼はできません
模倣品(クローン品)・互換品と汎用品の見分け方は「信頼できる流通経路」、
「正当な製造者表示」が有効です。(しかし模造品や互換品をネット販売や信頼
できない業者「正当な製造者表記のできない業者の製品を流通させる業者」の製
品は後を絶ちません)。

ページトップへ